東レ、MRJ向けに炭素繊維複合材料を適用した尾翼部品を初出荷

航空 企業動向
走行試験するMRJ飛行試験初号機
  • 走行試験するMRJ飛行試験初号機
  • 東レが今回出荷したMRJ向け量産機部品(リブ)
  • MRJ尾翼部材 量産初号機 出荷式
東レは、三菱重工業が製造する「MRJ」(三菱リージョナルジェット)向けに、炭素繊維複合材料(CFRP)を適用した尾翼部品を開発・製作、MRJ量産機用部品を名古屋事業場から初出荷した。

東レはこれまで、航空機向けに炭素繊維やプリプレグなどの中間基材を供給してきた。今回は、尾翼部品としてスパー、スキン・ストリンガーパネル、リブを供給する。東レが一次構造材部品の生産までを手掛けるのは、今回のMRJ向けが初めて。

東レでは、2001年から三菱重工と共同で、航空機部材向けの新規CFRP成形技術「A-VaRTM」の開発に着手してきた。「A-VaRTM」は、炭素繊維織物基材を積層し、真空圧で樹脂を注入・含浸後にオーブンで加熱・硬化することで効率的に成形品を得ることができるCFRP成形技術。

この技術では、ナノ技術を適用した樹脂と、高強度の炭素繊維基材を適用することにより、航空機一次構造材に適用可能な、プリプレグ成形法に匹敵する高い耐衝撃性と品質安定性を実現する。

東レと三菱重工は、2008年から本格的に「A-VaRTM」によるMRJ尾翼構造へのCFRP部品適用の検討を進め、2013年からはMRJ飛行試験機に向けたCFRP尾翼部品を供給してきた。

MRJの量産開始に向けて、東レは、名古屋事業場に生産体制を整備、高品質なCFRP尾翼部品を安定的に供給していく構え。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱航空機、MRJ試験機5号機の胴体塗装を完了…ANAカラーとのコラボ塗装 画像 三菱航空機、MRJ試験機5号機の胴体塗装を完了…ANAカラーとのコラボ塗装
  • 三菱重工、松阪市と工場立地協定…MRJの尾翼量産体制を確立 画像 三菱重工、松阪市と工場立地協定…MRJの尾翼量産体制を確立
  • 東レ、エンブラエルの新型リージョナルジェット機向けに炭素繊維トレカを供給 画像 東レ、エンブラエルの新型リージョナルジェット機向けに炭素繊維トレカを供給
  • 三菱航空機、MRJ 飛行試験機2号機で全機振動試験を実施 画像 三菱航空機、MRJ 飛行試験機2号機で全機振動試験を実施

特集

おすすめのニュース