神戸新交通、六甲ライナーで七夕装飾の列車を運行

鉄道 企業動向
毎年恒例の六甲ライナー「たなばた列車」は6月26日から運行開始。ヘッドマークも掲出される。
  • 毎年恒例の六甲ライナー「たなばた列車」は6月26日から運行開始。ヘッドマークも掲出される。
  • 車内は小学生が願い事を書いた短冊で装飾される。
神戸新交通は6月26日から、住吉~マリンパーク間(神戸市東灘区)4.5kmの六甲アイランド線(六甲ライナー)で、毎年恒例の「たなばた列車」を運行する。

六甲アイランド内の小学校と六甲アイランドCITY自治会の協力を受け、児童たちが願い事を書いた短冊やヘッドマークで装飾した「おりひめ号」と「ひこぼし号」を各1編成運行する。

運行期間は6月26日から7月7日まで。これに先立ち6月25日、出発式(マリンパーク駅)と関係者による試乗会が行われる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 六甲ライナーに新型車両導入へ…川重が製造 画像 六甲ライナーに新型車両導入へ…川重が製造
  • 神戸新交通とJRのIC連絡定期、PiTaPaも対応…5月から 画像 神戸新交通とJRのIC連絡定期、PiTaPaも対応…5月から
  • 大阪市交通局、南港ポートタウン線に新型車導入へ 画像 大阪市交通局、南港ポートタウン線に新型車導入へ
  • 水島臨海鉄道、7月のキハ205臨時運行で記念イベント…倉敷市駅では七夕飾りも 画像 水島臨海鉄道、7月のキハ205臨時運行で記念イベント…倉敷市駅では七夕飾りも

おすすめのニュース