日立と三菱商事、ミャンマー国鉄から鉄道信号システムを一括受注

鉄道 企業動向
日立製作所と三菱商事は、ミャンマー国鉄から鉄道信号システム一式を受注したと発表した。設備の納入完了は2017年6月末の予定。

日立と三菱商事がミャンマー国鉄に供給する鉄道信号システムは、列車の在線位置情報を指令所で一元的に把握するための列車中央監視装置や、列車を安全に運行するための信号灯、分岐器を制御する電子連動装置、列車の接近により自動的に警報を作動させる踏切自動警報装置など。

導入区間は、ミャンマーの旧首都ヤンゴンとマンダレーを結ぶ主要鉄道幹線の一部で、ヤンゴン中央駅からピュンタザ駅までの約140kmの区間。

契約金額は約24億円で、国際協力機構による無償資金協力による資金が供与される。

ミャンマーの鉄道は、老朽化しており、輸送サービスの質と安全性の向上が課題となっている。また、ミャンマー国内の長距離輸送手段は自動車輸送と航空輸送が大部分を占めている。経済発展に伴う旅客・貨物輸送の需要増加に対応するためには鉄道網の整備が必要となっている。

日立と三菱商事は、日本の技術に基づいた実績ある信号システムを供給することで、ミャンマーで鉄道輸送の安全性向上、近代化、物流インフラの拡充・多様化に寄与していく。

ミャンマーでは、将来的にヤンゴン環状線の近代化、ヤンゴン~マンダレー路線の全区間近代化など、複数の鉄道プロジェクトが計画されている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 日立、英国南西部の鉄道に173両納入へ…優先交渉権を獲得 画像 日立、英国南西部の鉄道に173両納入へ…優先交渉権を獲得
  • 日立のスコットランド向け電車、正式契約…234両を納入へ 画像 日立のスコットランド向け電車、正式契約…234両を納入へ
  • 住友商事、ミャンマー火力発電所建設工事を50億円で受注 画像 住友商事、ミャンマー火力発電所建設工事を50億円で受注
  • 日立、イタリアの鉄道車両・信号システムメーカーを買収 画像 日立、イタリアの鉄道車両・信号システムメーカーを買収

特集