鬼怒川ゴム通期決算…営業益5%減、国内の操業度低下が影響

自動車 ビジネス 企業動向
鬼怒川ゴム(ウェブサイト)
  • 鬼怒川ゴム(ウェブサイト)
鬼怒川ゴムは5月8日、2015年3月期(2014年4月-2015年3月)の連結決算を発表した。

それによると、売上高761億3500万円(前年同期比+2.1%)、営業利益69億3000万円(-5.0%)、経常利益は74億1900万円(-8.2%)、純利益は42億8900万円(-8.6%)だった。

国内では、主要得意先の自動車生産台数減少により売上は伸び悩んだものの、メキシコ新工場の稼働開始などで北米の増収がカバー。しかし、損益については、利益率の高い日本における操業度低下などが影響し、減益となった。

今期の通期業績見通しについては、売上高800億円(+5.1%)、営業利益84億円(+21.2%)、経常利益80億円(+7.8%)、純利益50億円(+16.6%)とした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

  • タカタ通期決算…最終赤字295億円、エアバッグリコール問題が影響 画像 タカタ通期決算…最終赤字295億円、エアバッグリコール問題が影響
  • エフテック通期決算…営業益17.3%減、タイ減産や新工場立ち上げ費用負担が影響 画像 エフテック通期決算…営業益17.3%減、タイ減産や新工場立ち上げ費用負担が影響
  • 曙ブレーキ通期決算…最終赤字60億円、余剰生産設備の減損処理などが影響 画像 曙ブレーキ通期決算…最終赤字60億円、余剰生産設備の減損処理などが影響
  • ジェイテクト、ステアリング部品など好調で増収増益…2015年3月期決算 画像 ジェイテクト、ステアリング部品など好調で増収増益…2015年3月期決算

特集