【肉フェス15】手ぬきなしのメニューに舌鼓…並ばず食べられる「VIPエリア」も

エンターテインメント イベント

もんじゃ鉄板焼き 大木屋 匠「ステーキサンド」。本当に肉がギュウギュウに詰まっているからすごい。
  • もんじゃ鉄板焼き 大木屋 匠「ステーキサンド」。本当に肉がギュウギュウに詰まっているからすごい。
  • root「ウユニ塩湖の塩を使った『熟成塩豚のオーブン焼き』」
  • 焼肉ダイニング甲「肉厚テッチャン焼き」
  • 美味しい肉に、ビールが進む!
  • 会場は野外。暑くなってきたので、ビールもうまい。
  • 食事スペースは屋根があって素晴らしい。
  • 現在開催中の後期にも出店:肉料理研究所(肉ラボ)「おとなのフランク」
  • 現在開催中の後期にも出店:門崎熟成肉 格之進「門崎熟成肉塊焼」
 現在、駒沢オリンピック公園で開催中の『肉フェスTOKYO2015春』。前期でガツガツ食べてきた幸せなレポートをお届けしましたが、まだまだ驚きの肉メニューが! 肉フェスレポート後編です。

・店舗:root
メニュー:ウユニ塩湖の塩を使った「熟成塩豚のオーブン焼き」
世界絶景ランキングの常連「ウユニ湖」の天然塩を使用!? ウユニ湖に行ってみたい私としては気になります。低音で焼き上げられた豚肉は、熟成しているだけあって、肉の旨味がしっかりと凝縮されており、焼き加減も塩加減も絶妙。しっとり、さくさくと小気味よく歯で切れる!豚の臭みもなく、ほどよく挟まれている脂身が優しい味わいとプリプリの食感で、脂身からイメージするしつこさを感じさせません。肉厚のボリュームある1皿はコストパフォーマンスも抜群。

・店舗:もんじゃ鉄板焼き 大木屋 匠
メニュー:ステーキサンド
塩コショウで味付けした焼きたてリブロースステーキがこれでもか!と入ったステーキサンド。「ステーキサンド」の名前に偽りなし!このボリュームはテンションがあがります。まず、パンに挟まっている肉だけを食べてみると、赤身の美味さと、その中にほどよく入り込んだ脂身のバランスで、ステーキとしても抜群の美味しさ。美味すぎる。完成度の高いステーキにをピタサンドとして食べる贅沢。パワフルさが増した一品は、がっつりと肉を感じたい人にオススメ。待ち時間にかぶりつくのもあり。

・店舗:焼肉ダイニング甲
メニュー:肉厚テッチャン焼き
最後にホルモンでも……とテッチャン焼きを購入。これが大正解!ふわっとジューシーで本当に肉厚、でもホルモンのクセを感じることはなく、ぷりぷりの身は中毒性あり。一見重たいように見えますが、唐辛子の効いた味噌だれの甘辛さも相まって、ビールのおつまみとしての相性は最高。肉フェス限定肉厚アンバーエールなどと合わせると至高のひとときとなるのでは?

 どれもこれも美味しい!イベントで提供されるちょっとした料理の枠を超えています。ステーキサンドなど、どれも美味しかったのですが、個人的には正統派なステーキだけでなく、豚やホルモンも食べてみて欲しいです。なかなか行けない地方のお店の味や、こうやって多彩な各店の味を食べ比べできるのも、このイベントの楽しいところ。

 そして、ドリンク販売ブースでは、ビールの種類も豊富。「ビールが苦手な人にも!」と書かれたフルーツテイストのビールなどもあるので、ビールが苦手な人もチャレンジしてみると新たな発見があるかもしれません。

 食事スペースが屋根のついた大型テントの中に設けられているのもポイントが高い。雨が降ってきてしまっても、濡れずに食べられるのがありがたいです。女子は日差しを気にせず、肉の味に集中できますね。

 また、『肉フェス』では、飲食イベント特有の並ぶのが苦手……という人に向けた嬉しいシステムも。前売りチケットや、『肉フェス』公式アプリで発券できる“プライオリティパス”を利用すれば、混雑時に一般の列に並ぶことなく、専用レーンで商品を購入できるんです。

 さらに、どうしても並ぶのは嫌!という人は、並ばずコンシェルジュがお肉を運んでくれる、VIPエリアもあります。これなら、思い思いにお肉料理を堪能できますね。


 駒沢オリンピック公園では『肉フェス』(後期)を6日まで開催中。前期とはまた違う、気になるお店やメニューが盛りだくさん。これはまた行くしかない!?

【国内最大級のフードイベント「肉フェス」 】
ゴールデンウィーク(GW)は東京・千葉・神奈川3県で同時開催!
・東京:駒沢オリンピック公園 中央広場 (後期)5/1~5/6
・千葉:イオンモール幕張新都心 豊砂公園 5/1~5/10
・神奈川:長井海の手公園 ソレイユの丘 5/1~5/6,9,10 ※地元まぐろもあり

※入場料無料(飲食代別途)

【肉フェス2015】肉好き女子がお届け! ガッツリ系にもひるまずチャレンジするべし(後編)

《non@RBB TODAY》

編集部おすすめのニュース

特集