高速道路の路肩走行、空から取り締まる...神奈川県警

2日午前、神奈川県警の高速道路交通警察隊と地域総務課航空隊は合同で、ヘリコプターとパトカーを使った空陸両面からの路肩走行取締りを行った。

自動車 社会 社会
2日午前、神奈川県警の高速道路交通警察隊と地域総務課航空隊は合同で、ヘリコプターとパトカーを使った空陸両面からの路肩走行取締りを行った。

渋滞著しいゴールデンウィーク期間中の東名高速で、渋滞車列を避けて路肩を通行する車両を、空から監視。違反車両を特定し、検挙した。

「悪質な交通違反車両が増加し、これら違反車両に対する取締まり要望が多く寄せられている」(同交通部)ことから実施に踏み切った。

道路交通法は、故障などでやむを得ず駐停車する場合を除いて、高速道路の路肩を走行することを禁止している。

ただ、パトカーだけを使った通常の取締りでは、違反車両を追跡しても、渋滞車列に再び入り込むなどして特定することが難しいため、ヘリコプターとの連携による取締りに踏み切った。

東名高速下り線、横浜青葉インターチェンジ付近で、ヘリコプター1機、パトカー6台、白バイ2台を動員して取締まりを行った。主に、二輪車の違反車両が多かった。
《中島みなみ》

編集部おすすめのニュース

特集