タクシー車内で情報配信、日本交通や博報堂らが実験

自動車 ビジネス 企業動向

 日本交通、博報堂DYメディアパートナーズ、博報堂、ACCESSの4社は6日、日本交通グループのタクシー車内で、iBeaconを活用した「CM視聴クーポンサービス」の実証実験を行うことを発表した。「日本交通タクシー配車」アプリにて体験可能。

 日本交通グループが保有する黒色タクシー1,557台の車内に、ACCESSのBeacon端末を搭載。「日本交通タクシー配車」アプリに情報を配信する。アプリはiBeaconに対応しており、車内に設置されたBeaconに反応し、乗車時から降車時までの視聴動画数に応じて、次回のタクシー料金割引クーポンが提供される(乗車1回ごとに1枚)。

 博報堂DYホールディングス マーケティング・テクノロジー・センターが開発している屋外情報配信プラットフォームを活用。これにより、乗車した場所や時間帯、乗車回数に応じて、配信する情報を変更可能となっている。

 「日本交通タクシー配車」アプリのネット決済利用ユーザーが対象。対応エリアは東京23区、三鷹市、武蔵野市となる。
《冨岡晶@RBB TODAY》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集