上毛電鉄に「鉄道むすめ」誕生…記念切符発売

鉄道 企業動向
トミーテックが展開している「鉄道むすめ」に上毛電鉄の「北原ゆうき」が誕生。4月26日に誕生記念グッズの販売や、ヘッドマーク(画像)を取り付けた列車の運行が行われる。
  • トミーテックが展開している「鉄道むすめ」に上毛電鉄の「北原ゆうき」が誕生。4月26日に誕生記念グッズの販売や、ヘッドマーク(画像)を取り付けた列車の運行が行われる。
  • 記念グッズや記念乗車券(画像)の販売は4月26日に大胡電車庫で開催されるイベントで行われる。
中央前橋(前橋市)~西桐生(桐生市)間の上毛線を運営している群馬県の上毛電気鉄道は4月26日、「鉄道むすめ『北原ゆうき』」の誕生を記念した記念切符やグッズを販売する。記念ヘッドマークを取り付けた列車も運行する。

「鉄道むすめ」は玩具・模型メーカーのトミーテックが展開している、実在の鉄道事業者の制服を着たオリジナルキャラクター。これまでに秩父鉄道の「桜沢みなの」や愛知高速交通(リニモ)の「八草みずき」などのキャラクターが設定され、コレクションフィギュアやポスター、ステッカーなどで展開している。

「北原ゆうき」は中央前橋駅の駅務係という設定。名前は上毛線内にある北原駅と、桐生球場前(きり「ゅうき」ゅうじょうまえ)駅に由来しているという。

誕生記念のグッズなどは、4月26日に大胡電車庫で開催されるイベントで販売。「北原ゆうき」がデザインされたマウスパッド(500円)のほか、「北原ゆうき」デビュー記念の乗車券(440円)も500枚限定で販売される。記念乗車券の区間は名前にちなみ、北原駅から桐生球場前駅までとなっている。

このほか、当日は「北原ゆうき」をデザインしたヘッドマークを上毛線の電車1編成に取り付けて運行する予定。各駅にも「北原ゆうき」のポスターを掲出する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集