【ジュネーブモーターショー15】レクサス LF-SA コンセプト…ウルトラコンパクト登場[詳細画像]

『LF-SA』は、ウルトラコンパクトクラスを提案したレクサスのコンセプトカー。レクサスの入門モデル『CT200h』の下に位置する新たなエントリーモデルの可能性を提案する。

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
レクサス LF-SA コンセプト(ジュネーブモーターショー15)
  • レクサス LF-SA コンセプト(ジュネーブモーターショー15)
  • レクサス LF-SA コンセプト(ジュネーブモーターショー15)
  • レクサス LF-SA コンセプト(ジュネーブモーターショー15)
  • レクサス LF-SA コンセプト(ジュネーブモーターショー15)
  • レクサス LF-SA コンセプト(ジュネーブモーターショー15)
  • レクサス LF-SA コンセプト(ジュネーブモーターショー15)
  • レクサス LF-SA コンセプト(ジュネーブモーターショー15)
  • レクサス LF-SA コンセプト(ジュネーブモーターショー15)
『LF-SA』は、ウルトラコンパクトクラスを提案したレクサスのコンセプトカー。レクサスの入門モデル『CT200h』の下に位置する新たなエントリーモデルの可能性を提案する。

フランス・ニースに拠点を置くED2(EDスクエア)が、LF-SAの企画からモデル製作まで、一貫して担当。ボディサイズは、全長3450mm、全幅1700mm、全高1430mm。2+2シーターとしている。

外観は、都市での使用を想定し、狭い場所での取り回し性や機敏な走りを追求。彫りの深いボディ造形により、見る角度によって刻々と表情が変化して見えるデザインとした。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集