プログレス補給船、カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から打ち上げ…2月17日

宇宙 企業動向
打上げに向けた準備が進められる58P(2月11日)
  • 打上げに向けた準備が進められる58P(2月11日)
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、日本時間2月17日午後8時00分に、カザフスタン共和国のバイコヌール宇宙基地から、ロシアのプログレスM-26M補給船が打ち上げられると発表した。

今回のミッションは、ロシアのプログレスM-26M補給船を打ち上げて、国際宇宙ステーション(ISS)の「ズヴェズダ」(ロシアのサービスモジュール)に無人でドッキングさせるもので、ISSへ向かう58機目のプログレス補給船となる。

日本時間2月17日午後8時00分に打ち上げられ、約6時間後の同2月18日午前1時58分にISSにドッキングする予定。

プログレスM-26M補給船は今回、飲料水や補給用推進剤、酸素、食糧(米国、ロシアの宇宙食)、長期滞在クルー用の衣服、衛生用品、家族からの手紙、実験ペイロード、交換修理品、予備品などの補給品をISSに輸送する。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ISS「きぼう」日本実験棟から超小型衛星を放出…ブラジル宇宙機関が開発 画像 ISS「きぼう」日本実験棟から超小型衛星を放出…ブラジル宇宙機関が開発
  • ドラゴン補給船運用5号機の打ち上げが成功、ISSにドッキング 画像 ドラゴン補給船運用5号機の打ち上げが成功、ISSにドッキング
  • ソユーズTMA-13宇宙船、カザフスタンに無事着陸…ISS第40次/第41次滞在クルー3人乗せる 画像 ソユーズTMA-13宇宙船、カザフスタンに無事着陸…ISS第40次/第41次滞在クルー3人乗せる
  • ISS日本実験棟「きぼう」での実験装置の運用を再開…正常に稼動 画像 ISS日本実験棟「きぼう」での実験装置の運用を再開…正常に稼動

特集