日本特殊陶業、自動車関連事業好調で増収増益…2014年4-12月期決算

自動車 ビジネス 企業動向
日本特殊陶業(NGK)ウェブサイト
  • 日本特殊陶業(NGK)ウェブサイト
日本特殊陶業が発表した2014年4-12月期(第3四半期)の連結決算は、経常利益が前年同期比29.6%増の530億5500万円と大幅増益となった。

売上高は同5.1%増の2578億6400万円と増収となった。自動車関連事業は、北米や新興国市場における自動車販売が好調だったほか、欧州市場でも回復基調が見られたことに加え、為替相場での円安進行も追い風となって増収だった。

収益は増収などの効果から、営業利益は同25.5%増の465億7200万円だった、純利益は同16.9%増の297億8100万円だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 日本特殊陶業、スパークプラグ年10億個の生産体制構築に向け新工場を建設 画像 日本特殊陶業、スパークプラグ年10億個の生産体制構築に向け新工場を建設
  • 【東京オートサロン15】日本特殊陶業、同社プラグ装着のSFマシンなど展示 画像 【東京オートサロン15】日本特殊陶業、同社プラグ装着のSFマシンなど展示
  • 日本特殊陶業、米司法省と罰金53億円支払いで合意…代表取締役の報酬自主返納も 画像 日本特殊陶業、米司法省と罰金53億円支払いで合意…代表取締役の報酬自主返納も
  • 日本特殊陶業、世界初となる乗用車向け吸気酸素センサを製品化へ…排ガス低減に貢献 画像 日本特殊陶業、世界初となる乗用車向け吸気酸素センサを製品化へ…排ガス低減に貢献
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース