ソニー、わずか17cmの至近距離から4K映像を投写できるプロジェクター

エンターテインメント 話題
4K超短焦点プロジェクター「LSPX-W1S」
  • 4K超短焦点プロジェクター「LSPX-W1S」
  • ソニーが「4K超短焦点プロジェクター」を発売、約17cmの至近距離から最大147インチの4K映像を投写
ソニーは、4K超短焦点プロジェクター「LSPX-W1S」を2015年1月30日に発売します。

「LSPX-W1S」は壁際に置くだけでリビングの壁に最大147インチの映像を投写する4K超短焦点プロジェクターです。約17cmの至近距離から最大147インチの4K映像を投写でき、人の影の映り込みを気にすることなく、没入感ある大画面映像を楽しめるものとなっています。従来の映像機器の形状の概念を超え、一つの家具のように存在し、住空間に自然に溶け込むデザインが採用されています。

短時間で 最高輝度に達し、経年劣化に強く、長期にわたって十分な明るさを保つレーザー光源を搭載、設置性と保守性に優れることに加え、リアリティークリエーションなど、高品位な映像を楽しむことができる高画質技術を搭載しています。

また、高画質画像とスピーカーとの組み合わせにより、快適な空間を演出。外装部にはアルミ素材が使用され、洗練された質感が上質な空間を生み出します。

◆スペック
投写方式:3原色液晶シャッター投写方式
表示素子:SXRD 0.74型×3
有効画素数:4,096×2,160×3画素
フォーカス調整:電動
コーナーコレクション調整:電動
画面サイズ:66インチ~147インチ
入出力端子:
・HDMI入力:4
・スピーカー端子:2
・REMOTE:RS-232C、:D-sub 9ピン
・LAN:RJ45、10BASE-T/100BASE-TX
・IR IN:ミニジャック
・USB:タイプA、DC5V、最大500mA
光源:レーザーダイオード
最大外形寸法(幅×高さ×奥行):2700mm×265mm×535mm
(プロジェクションユニットのみ:1100mm×265mm×535mm)
質量:約113.9kg
(プロジェクションユニットのみ:約51.5kg)

◆◆◆ ◆◆◆ ◆◆◆
4K超短焦点プロジェクター「LSPX-W1S」は1月30日発売予定。価格は500万円(税別)です。

(C)2015 Sony Marketing (Japan) Inc.

ソニーが「4K超短焦点プロジェクター」を発売、約17cmの至近距離から最大147インチの4K映像を投写

《ひびき@INSIDE》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース