デルタ航空、NYからのアイスランド直行便再開へ…5月2日からの夏期間

航空 企業動向

デルタ航空(参考画像)
  • デルタ航空(参考画像)
  • ケプラビク国際空港公式ウェブサイト
  • アイスランド大使館公式ウェブサイト
デルタ航空は1月28日、レイキャビク=ニューヨーク直行便の再開を決定し、5月2日からのサマーシーズン中、1日1往復で運航すると発表した。

レイキャビク10時35分発のDL257便は、12時42分に到着。ニューヨーク23時32分発のDL470便は、翌9時5分に到着。レイキャビク=ニューヨーク直行便はエールフランス、KJMオランダ航空とのコードシェア対象。使用機材は「ボーイング757-200」。

直行便再開について、欧州・中東・アフリカ担当上級副社長のペリー・カンタルッティ氏は「アイスランド観光局の統計によると、14年の米国人観光客数は約30%増だった」と需要の高さに言及し、アイスランドへの旅行者増加を後押しできること、米国に向かう現地在住の人々への選択肢を増やせることを強調した。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集