コマツ第3四半期決算、欧米の建機需要堅調で増収増益

自動車 ビジネス 企業動向

コマツ・新型ホイールローダー WA270-7(参考画像)
  • コマツ・新型ホイールローダー WA270-7(参考画像)
コマツは1月28日、2014年4-12月期(第3四半期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高1兆4366億円(前年同期比+3.4%)、営業利益は1818億円(+9.8%)、税引前四半期純利益は1802億円(+5.9%)、四半期純利益は1165億円(+1.0%)だった。

建設機械・車両では、一般建設機械の需要が、北米、欧州などの先進国で堅調に推移するとともに、為替が米ドル、ユーロ、人民元に対して円安に進んだことが寄与。鉱山機械の需要低迷や中国などの新興国の需要減少を補い、売上高は前年同期比増収となった。セグメント利益も為替が円安に推移したことに加え、販売価格の改善等の継続により、増益となった。

産業機械他では、自動車業界を中心とした設備投資に支えられ、鍛圧機械の販売が堅調に推移し、前年同期比増収増益となった。

通期業績見通しは、前回予測を据え置いた。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集