世界銀行、馬クアラルンプールに事務所を開設へ

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア(イメージ)
  • マレーシア(イメージ)
世界銀行は今年、クアラルンプール(KL)にナレッジ及びリサーチオフィスを開設する。これまでマレーシアに関する業務はバンコクで行われていた。

KLオフィスでは、業務やリサーチを行う。世銀とマレーシアが貧困の根絶や金融セクターの成長などに関して協力し合うことを、長期的な目標に掲げている。KLにオフィスが設立されることで、世界的な知識の取得や銀行専門家の能力開発につながると見込まれている。マレーシアは高所得国家入りを目指しており、専門知識の取得や銀行専門家の能力開発は不可欠であるという。

世銀は現在、東南アジア域内において、▽ラオス▽ミャンマー▽タイ▽インドネシア▽カンボジア▽シンガポール▽フィリピン--に事務所を置いている。
(ニュー・ストレーツ・タイムズ、1月27日)
広瀬やよい