イオン、ベトナムのスーパー2社と資本業務提携…商品を共同開発

エマージング・マーケット 東南アジア

【ベトナム】イオンは27日、ベトナムでスーパーマーケットを展開するファースト・ベトナムとドンフンの2社と資本業務提携すると発表した。

 ファースト・ベトナムはハノイ市でスーパー「FIVIMART」を20店展開。従業員約1800人。2013年の売上高54億円。地域密着経営を掲げ、需要に即した生鮮食品、加工品などの品ぞろえと、炒め物や煮物といった献立に合わせたセット商品の提案などの商品企画力が強みだ。

 ドンフンはホーチミン市を中心にスーパー「CITIMART」27店を経営。従業員約950人。2013年の売上高57億円。生鮮食品の鮮度の良さ、量り売りやカットフルーツの充実など、きめの細かい品ぞろえが特徴。

 イオンは資本業務提携にともない、商品の共同開発・調達、イオンの総合金融事業との連携などに取り組む。

 イオンはベトナムで、2008年に日系企業初の割賦販売事業を、2011年にコンビニエンスストア事業を開始。2014年にはホーチミン市と南部ビンズオン省にショッピングモールを出店した。

 同社によると、ベトナムは9000万人超の人口と高い経済成長率を背景に中間所得層が拡大し、小売市場が急成長中。

イオン、ベトナムのスーパー2社と資本業務提携

《newsclip》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集