「戦国BASARA」が車上ねらいを防ぐ…京阪神でキャンペーン

自動車 社会 社会

カプコンは、大阪府警、京都府警、兵庫県警が合同で実施する、車上ねらい等被害防止キャンペーンのイメージキャラクターに、「戦国BASARA」に登場する「真田幸村」「前田慶次」「黒田官兵衛」の3キャラクターが採用されたと発表した。

原作となる「戦国BASARA」シリーズは、戦国時代の武将や史実をモチーフに、ユニークで斬新な世界観を創造したスタイリッシュ英雄(HERO)アクションゲームだ。

同社では2013年4月、2014年2月と、過去2度にわたり警察との車上ねらい等被害防止キャンペーンを実施。「部品ねらい」や「自動車盗」といった被害件数の減少には貢献したものの、依然として大阪府は他の都道府県と比べ車関連の犯罪が多発しており、特に車上ねらいの発生件数は、2014年全国ワースト1だった。

今年も啓発ポスターおよび広告には、各府県にゆかりのある武将「真田幸村」「前田慶次」「黒田官兵衛」が採用された。3府県が一丸となり啓発活動に取り組むことで、各府県における犯罪件数の減少を目指す。今後は啓発ポスター1万枚の掲示に加え、警察署や自動車用品の販売店などで広告25万枚を配布するなど、近畿3府県で幅広くアピールしていく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集