ジャガー・ランドローバー、光や音で自転車などの巻き込み事故を防ぐ新技術を研究開発

自動車 テクノロジー 安全

ジャガー・ランドローバーの新技術「バイク・センス」
  • ジャガー・ランドローバーの新技術「バイク・センス」
  • ジャガー・ランドローバーの新技術「バイク・センス」
  • ジャガー・ランドローバーの新技術「バイク・センス」
  • ジャガー・ランドローバーの新技術「バイク・センス」
  • ジャガー・ランドローバーの新技術「バイク・センス」
ジャガー・ランドローバーは、自転車やオートバイの巻き込み事故防止を目的に、ドライバーなどに色や音、振動を用いて危険を警告する新技術「バイク・センス」の研究開発を発表した。

バイク・センスは、複数の車載センサーで自転車やオートバイを感知。一般的な警告音ではなく、人が本能的に危険と関連付けられるような音や光、振動を用いて、警告を行うことが特徴だ。

自転車やオートバイが接近してくる方向に最も近い箇所にある車載スピーカーから、自転車のベルやオートバイのクラクション音が発せられるほか、後方からの接近では、追い越そうとするサイドを識別。運転席シート上部でドライバーの肩を軽く叩き、肩ごし後方に視線を向けさせることで、潜在的な危険を気づかせる。さらに、フロントガラス下枠、ダッシュボード、Aピラーに取り付けたLEDライトが接近状況によって変化。自転車やオートバイがどちら側を走行しているのかが明確にわかるようになる。

また、ドライバーが視認できない危険も特定可能。駐停車車両の影になり確認できない自転車や歩行者も車載センサーが検知。その方向を光と音で警告する。さらにドアを開ける側に自転車やオートバイが接近している場合は、ドアハンドルが光や振動、音で警告。車が動くことで事故につながる可能性がある場合は、アクセルペダルを振動させ警告するなど、ドライバーが直感的に危険を認識できるようなシステムとなっている。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集