イギリスからインドへ、2万5千人の留学生の受け入れ体制準備

エマージング・マーケット インド・南アジア

イギリスからインドへ、2万5千人の留学生の受け入れ体制準備
  • イギリスからインドへ、2万5千人の留学生の受け入れ体制準備
インド-イギリスのパートナーシップを教育面にも拡大するため、今後5年間でイギリスからインドの大学へ2万5千人の留学生を送るとブリティッシュ・ハイコミッションが発表した。エコノミックタイムスが報じた。

ブリティッシュ・カウンシルが考案したこの計画は『Generation UK』と呼ばれ、イギリスの学生がインドの学術機関で教育を受けることの利点として、世界レベルの教育によって自分の専門分野を強化することができるとしている。

また双方のパートナーシップが強化されることによりインドからイギリスへ留学する機会も増えることが期待される。

現在イギリス国内にいる留学生42万人のうちインド人は2万4千人であり、学生ビザを申請した者の84%が受理されているという。

さらにこの計画のもとで奨学金の取得も可能であることは双方にとって大きな魅力である。
編集部

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品