【F1】フォースインディアが新車『VJM08』のカラーリングを発表…黒×シルバーベースの斬新なデザインに

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

フォース・インディア『VJM08』
  • フォース・インディア『VJM08』
  • フォース・インディア『VJM08』
  • セルジオ・ペレス(左)、ニコ・ヒュルケンベルグ(右)
2015年のF1開幕まで約2ヶ月となった21日、サハラフォースインディアF1チームが全チームに先がけ2015年型の新マシン『VJM08』のカラーリングと新導入予定のフロントノーズを発表した。

発表会は今年久しぶりにF1が開催されるメキシコシティで行われ、世界中から多くの報道陣が出席。またアンベイルの模様は同チームの公式サイトでライブ配信された。

ドライバーは昨年に引き続きニコ・ヒュルケンベルグとセルジオ・ペレスのコンビ。発表会で登場した2人は黒ベースの真新しいレーシングスーツを披露した。そして2人の手でアンベールが行なわれた。これまでチームの母国であるインドの国旗をイメージしたカラーリングだったが、今回はデザインが一新され黒とシルバーをベースにしたものになった。なお、今回は新カラーリングと規定変更により一新されたフロントノーズのお披露目となり、新車『VJM08』の完全版のお披露目は2月の公式テストになるとのこと。

昨年は第3戦バーレーンGPでペレスが3位表彰台を獲得。その他でもヒュルケンベルグと合わせてほぼ毎戦のようにポイントを獲得したが、同じメルセデスのパワーユニットを使うマクラーレンに一歩及ばずコンストラクターズランキングは6位だった。

ステージ上でインタビューに答えたペレスは「難しいチャレンジになると思うがポディウム(表彰台)フィニッシュもいくつか狙っていきたい」とコメント。ヒュルケンベルグも「昨年と比べて確実にマシンが進化しているから開幕が楽しみ」と意気込みを語った。

2月1日から始まるヘレス合同テストには旧型の『VJM07』で参加することが明らかになっており、新車の正式お披露目は2月19日から始まるバルセロナ合同テストで公開予定だ。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集