JAF、反射材を編み込んだスヌードをリニューアル

自動車 ビジネス 国内マーケット

JAF・Hikariスヌード2015 Winter/Springコレクション
  • JAF・Hikariスヌード2015 Winter/Springコレクション
  • JAF・Hikariスヌード2015 Winter/Springコレクション
  • JAF・Hikariスヌード2015 Winter/Springコレクション
  • JAF・Hikariスヌード2015 Winter/Springコレクション
  • JAF・Hikariスヌード2015 Winter/Springコレクション
JAF(日本自動車連盟)は、反射材を取り入れたオリジナルアパレルブランド「Hikari」から、昨年完売したスヌードをリニューアルし、1月14日からJAF通販サイトで販売を開始した。

新製品「Hikariスヌード2015 Winter/Springコレクション」は、SHIMAと丸仁が開発した反射材入り編み糸を取り入れたオリジナルの共同企画商品。スヌードは輪っか状になっているので、巻くだけで簡単におしゃれが楽しめる。女性はもちろん、男性にもおすすめのアイテムだ。

今回販売する新しいスヌードは、極細繊維によって、薄さ、軽さ、暖かさを実現。素材にはカシミヤとシルクを使用し、肌触りも良く、保温、放湿性にも優れており、春先の外出にもおすすめ。さらに、ホールガーメント(継ぎ目のない構造)を採用し、着け心地も良く、自然で美しいドレープを作れる。巻くだけでなく、ブローチで止めるアレンジなども自在に楽しめる。

ステッチ風に編みこまれているのが、反射して光る糸「リフレ」。昼はおしゃれに、夜は光を反射してキラッと光るアクセントになり、暗い夜道を歩く時には、ドライバーからの視認性が高まり、交通安全にも役立つ。

カラーはベージュ、ブルー、グレー、グレージュの全4色。価格はJAF会員が6600円、一般が7300円。別途送料600円が必要。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集