東急と韓国SMRT、乗車券プレゼントキャンペーン実施

鉄道 企業動向

キャンペーンのポスター。左が東急掲出、右がSMRT掲出のもの。
  • キャンペーンのポスター。左が東急掲出、右がSMRT掲出のもの。
  • SMRTのウェブサイト。ソウル市域の地下鉄5~8号線を運営している。
  • 韓国の交通系ICカード「T-Money」。今回のキャンペーンでは5000ウォンのチャージを付けてプレゼントする。
東京急行電鉄(東急)はこのほど、韓国のソウル特別市都市鉄道公社(SMRT)と共同で乗車券をプレゼントする「SMRT線で楽しもう」「東急線で楽しもう」キャンペーンを始めた。期間は4月30日まで。

東急の旅行代理店「テコプラザ」「東急トラベルサロン」各店舗において、ソウルに滞在する韓国ツアーを購入すると、先着200人に限り韓国の交通系ICカード「T-Money」や、東大門(トンデムン)ファッションタウンで使えるクーポンブックなどがプレゼントされる。T-Moneyは5000ウォン(約545円)のチャージが付く。

SMRTでも同様のキャンペーンを実施。地下鉄5号線の金浦(キンポ)空港駅インフォメーションセンターで東京行きの航空券を提示すると、先着200人に東急線を1日自由に乗り降りできる「東急ワンデーオープンチケット」やガイドブック「渋谷達人」などがプレゼントされる。

SMRTはソウル市域を中心とした地下鉄5~8号線を運営している鉄道会社。東急とSMRTは2012年3月に交流・協力を促進していく基本合意書に調印し、2014年8月にはICカードのトライアルキャンペーンを実施した。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集