クルマ、人、食堂を襲う野生のゾウ…タイ国立公園付近で頻発

エマージング・マーケット 東南アジア

【タイ】タイ各地で野生ゾウが車や人を襲う事件が相次いでいる。

 東北部のカオヤイ国立公園では、発情期に入ったとみられるオスのゾウが公園内の道路を行く車に体をすりつけたり、ボンネットを踏むなどする騒ぎが1月だけで数回起きた。12日には公園内の食堂がゾウに破壊された。ゾウが頻繁に出没するのは公園内を走る国道3077号線と2090号線。カオヤイ国立公園には約300頭の野生ゾウがいるとみられている。

 東部ジャンタブリ県では13日、天然ゴム園に野生ゾウ数十頭が侵入し、作業員のカンボジア人女性(43)が牙で突かれ肋骨を折るけがをした。ゾウは隣接するアンルーナイ自然保護区から移動してきたとみられている。

車、食堂、人 タイ各地でゾウ襲撃

《newsclip》

編集部おすすめのニュース

特集