恒例の偕楽園臨時駅開設、今年は品川から直通

鉄道 企業動向

偕楽園駅の位置。下りホームのみ設置されており、原則として2~3月の観梅期に限り下り列車が停車する。
  • 偕楽園駅の位置。下りホームのみ設置されており、原則として2~3月の観梅期に限り下り列車が停車する。
  • 3月14日以降は上野東京ラインの運行開始に伴い、常磐線の特急『ひたち』『ときわ』を中心に品川駅から偕楽園駅まで直通する列車も設定される。
JR東日本水戸支社は、ウメの名所として知られる偕楽園(水戸市)で開催される「第119回水戸の梅まつり」(2月20日~3月31日)にあわせ、同園最寄駅の偕楽園駅を開設する。3月14日以降は一部の列車が品川駅(東京都港区)から直通する。

偕楽園駅は常磐線赤塚~水戸間に設けられている臨時駅。下り線にホームが設置されており、原則として梅まつりの期間中、下り列車のみ停車する。今回の開設日は2月21・22・28日と3月1・7・8・14・15・21・22・28・29日の計12日間。9時10分から15時30分まで開設する。

停車本数は下り特急列車13本と下り普通列車17本。3月14日以降は上野東京ラインの運行開始に伴い、一部の列車が品川駅から偕楽園駅まで直通する。偕楽園駅に停車する品川発の列車は、特急が『ひたち7・9・11・13・15号』『ときわ57・59・61・63号』の9本。普通列車は品川9時33分発の水戸行きのみ停車する。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集