【MLB】青木が昨シーズン世界一のジャイアンツと契約「強いとこでできるのは凄い」

エンターテインメント 話題

青木宣親(2014年10月3日)(c)Getty Images
  • 青木宣親(2014年10月3日)(c)Getty Images
  • 青木宣親 ワールドシリーズ(2014年10月21日)(c)Getty Images
  • 青木宣親 ワールドシリーズ(2014年10月21日)(c)Getty Images
  • 青木宣親(2014年10月28日)(c)Getty Images
カンザスシティ・ロイヤルズからフリーエージェントになっていた青木宣親が、サンフランシスコジャイアンツと契約に合意したと、複数の米国メディアが伝えた。契約は年俸400万ドル(約4億7000万円)プラス出来高、2年目はオプションで球団に選択権がある。

昨シーズンはロイヤルズでワールドシリーズに進出し、最後まで世界一を争った青木。だがシーズンオフにフリーエージェントとなると、なかなか所属先が決まらなかった。最終的にサインしたのは、ワールドシリーズで対戦したジャイアンツ。

ジャイアンツはオフにモースが抜け外野のレギュラーを探していた。現地ではアンヘル・パガン、ハンター・ペンスとともに青木が先発、グレガー・ブランコがバックアップに回ると予想されている。

長く日本のファンをやきもきさせた青木の去就だが、ようやく決まったことにネットでは「ワールドシリーズで対戦した勝者に迎えられるんだね」「あんだけ強いとこでできるのは凄いなぁ 」といった声や、一時は3年2400万ドルという強気の報道があった中で単年400万ドルで落ち着いたことに「3年24億といわれていたのに妥協したのか?」「これはお買い得」という意見も。

契約の2年目は球団が550万ドルのオプションを行使するか、70万ドル支払ってバイアウトするかの選択権を持つため、実際には470万ドルが最低保証されている。青木が2年目もジャイアンツに残り出来高を満額受け取った場合、総額では1250万ドル(約14億円)程度の金額になる。

「青木の行き先が決まったとなると、イチローのことがなおさら気がかりですね」と話すファンがいるように、青木の所属先が決まったことで、いよいよイチローに注目が集まる。
《岩藤健@CycleStyle》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品