豊田自動織機、機能安全の国際規格ISO26262の認証を取得

自動車 ビジネス 企業動向

豊田自動織機は、第三者認証機関であるドイツのテュフ・ズードから、自動車向け機能安全の国際規格ISO26262のソフトウエア開発プロセス認証を取得した。

認証取得によって豊田自動織機の車載電気・電子システムのソフトウエア開発プロセスが、ISO26262規格における最高の安全度水準ASIL-Dまで対応可能と認められた。

自動車の電子化が進む中で、豊田自動織機では、ソフトウエアの開発力強化に取り組んでおり、車載ソフトウエア開発の標準プロセスである「オートモーティブSPICE」能力レベル3の認証を、2012年7月にカーエアコン用コンプレッサー事業分野で取得した。

2014年3月には車載充電機器や充電システム、走行ユニットなど、車載電気・電子システム事業分野全体にまで拡張して同認証を取得している。

今回、オートモーティブSPICEでカバーしていない機能安全の要求事項を満たすことによりISO26262の認証を取得した。

ISO26262は、自動車向けの電気・電子システムを対象とする機能安全に関する国際標準規格で2011年11月に発行した。規格では、システム、ハードウエア、ソフトウエアなどの機能安全に関する要求事項が規定されており、ASIL-AからASIL-Dまでの安全度水準が設定されている。

今回の認証取得は、豊田自動織機のソフトウエア開発プロセスが、ISO26262規格の要求を満たしており、そのプロセスに従ってソフトウエア開発を実施できることを示すもの。

自動車メーカー各社は、電子・電機関係のサプライヤーに対してISO26262への対応を求めている。豊田自動織機では、今回認証された安全度水準による開発能力をベースに、高度化する車載機器の電気・電子制御技術に対して、高いソフトウエア品質でニーズに対応するとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集