アザパと戸田レーシング、エンジン性能計測ECUを共同開発

自動車 ビジネス 企業動向

ECU(エンジンコントロールユニット)
  • ECU(エンジンコントロールユニット)
アザパと戸田レーシングは1月15日、エンジン性能計測ECUの共同開発に向けて協業すると発表した。

今回の協業により、アザパはエンジン高効率化および新制御理論の開発、代替エンジンの最適制御を進めていく。将来的には自動車メーカーへエンジンを中心としたモデルベース開発、計測、制御の提案や、再利用による新たなビジネス構築も視野にエンジンを制御できる技術を確立していく。一方、戸田レーシングは、さらなる内燃焼関の進化に応えるため、開発エンジン用の制御、計測システムの強化を図る。

エンジン性能計測ECUは、直噴の単気筒エンジンから4気筒エンジンまでを対象として開発し、さらに代替エネルギー・バイオ燃料向けディーゼルエンジンにも利用する方針。ECUに使うSoCは、ARM Cortex-A9を搭載したXilinx社Zynq-7000 All Programmable SoCを採用した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース