島津製作所、マレーシアに販売会社を設立

エマージング・マーケット 東南アジア

マレーシア(参考画像)
  • マレーシア(参考画像)
島津製作所は13日、同社子会社のシマヅ(アジア・パシフィック)がマレーシアに100%出資子会社、シマヅ・マレーシアを設立し、営業を開始したと発表した。

またマレーシアに分析計測機器の新製造拠点を設立し、製造と販売の両面で機能を強化する。新工場は2015年10月の着工、2016年7月の完成、2016年12月の稼働を予定している。

シマヅ・マレーシアは、セランゴール州ペタリンジャヤに設立された。資本金は950万リンギ。

マレーシアではこれまで現地代理店を通じて分析計測機器の販売を行っていた。食品、製薬、石油化学等の市場において高速液体クロマトグラフなど汎用分析装置の直販を開始して販売を強化する。大型機器や試験機、非破壊検査機器については引き続き代理店の専門性を生かした販売を行い、顧客の利便性とブランドイメージのさらなる向上を目指す方針だ。
広瀬やよい

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品