エミレーツ航空、ドバイ=マンチェスター路線の一部機材を変更へ

航空 企業動向

エミレーツ航空、ドバイ=マンチェスター路線の一部機材を変更へ
  • エミレーツ航空、ドバイ=マンチェスター路線の一部機材を変更へ
  • エミレーツ航空、「A380」51機で無料Wi-Fiサービスを提供
  • エミレーツA380
  • エミレーツA380のエコノミークラス
エミレーツ航空は1月8日、ドバイ=マンチェスター路線(EK019/020便)の機材を変更し、現行の「ボーイング777」から「エアバスA380」で運航すると発表した。

機材変更は2月1日から実施。ドバイ=マンチェスター路線は1日3往復のうち、A380での運航が1日2往復、777での運航が1日1往復となる。今回の変更に伴い、エミレーツ運航の、ドバイと英国を結ぶ路線の機材は、輸送力に優れるA380が半数を占める(1日16往復のうち、1日8往復)。

フラッハ・コマーシャルオペレーションズウエスト統括上級副社長は「マンチェスター発のドバイ直行便、さらにドバイから世界各地へ向かう便の需要は、就航から25年で著しく高まった」と述べ、機材変更の意義を強調した。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集