ジープ世界販売、39%増の102万台…初の100万台超え 2014年

自動車 ビジネス 海外マーケット

ジープ・グランドチェロキー
  • ジープ・グランドチェロキー
  • ジープ ラングラー
  • ジープ コンパス
クライスラーグループのジープブランドは2015年1月6日、2014年の世界販売の結果を公表した。総販売台数は初の100万台超えとなる101万7019台。前年比は39%の大幅増で、5年連続で前年実績を上回った。

市場別の伸び率では、アジア太平洋地域が、前年比42%増と好調。中国では、前年比49%増と伸びた。地元の米国は、41%増の69万2348台を売り上げる。欧州も40%増と好調。

車種別の2014年販売実績は、『グランドチェロキー』が27万9567台でトップ。このうち米国では、18万3786台を販売した。また、『ラングラー』は23万4579台。『コンパス』は13万4629台で、これに続く。

2015年は、ブランド初の小型SUV、『レネゲード』を世界市場に投入予定。販売攻勢を強めていく。

ジープブランドのマイク・マンレイ社長兼CEOは、「ジープは世界、そして米国で、5年連続で販売を伸ばした。2014年の年間販売100万台達成は、確かなマイルストーン」と語っている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集