歩いている人の顔認証も可能に…セコムが新システム開発、販売開始

エンターテインメント 話題

出入管理を「ウォークスルー顔認証システム」で実施(画像はプレスリリースより)。
  • 出入管理を「ウォークスルー顔認証システム」で実施(画像はプレスリリースより)。
  • 標準的な構成で毎分約30人の歩行認証ができる(画像はプレスリリースより)。
  • 本サービスはセコムの法人向けのシステム(画像はセコム株式会社公式Webサイトより)
  • 認証時の様子は記録され、必要に応じていつでも確認が可能(画像はプレスリリースより)。
 セコムは2014年12月26日、歩いている人を撮影した防犯カメラ映像から顔認証を可能にしたシステム「ウォークスルー顔認証システム」を販売開始したことを発表した。

 従来の顔認証システムでは静止した状態でカメラに認識させる必要があったが、本システムでは認証のために一時停止する必要はなく、歩いている状態でも認証を行うことが可能となっている。

 これによってカメラ画像を通行記録として保存することができ、記録画像から不審者や不審行動を過去に遡って確認することも可能。電気錠付の扉などセキュリティシステムと連動させ、出入管理システムとして運用することもできる。

 すでにNTTビジネスソリューションズが沖縄県で運用するデータセンター「宜野座IDC」に本システムは導入されており、セキュリティを一段と強化した運用が行われている。

歩行者の認証も可能に!セコムが「ウォークスルー顔認証システム」を販売開始

《小菅篤@RBB TODAY》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集