ANA、年末年始の利用実績…国際線が好調、国内線はほぼ前年並み

航空 企業動向

全日本空輸(ANA)は、2014年度年末年始期間(2014年12月19日~2015年1月4日)の利用実績を公表した。

2014年度の国内線上下線合計は、提供座席数が前年比1.5%減の325万7023席、総旅客数は1.9%減の220万4532人、利用率は、0.3ポイント増の67.7%となった。

当該期間前半は、昨年に比べ連休がなく前年を下回ったが、後半は帰省やレジャー需要を中心に前年を超えて推移、全体の利用率は前年並みとなった。方面別では、沖縄方面が好調。期間中のピークは、下り線が12月29日~31日、上り線は1月3日~4日だった。

国際線上下線合計は、提供座席数が前年比13.2%増の47万7437席、総旅客数は17.9%増の39万1197人、利用率は、3.3ポイント増の81.9%となった。

海外発では、帰国需要に加えアジア・中国からの訪日需要が好調だった。サマーダイヤより新規就航した路線は、利用率が8~9割と高水準となった。期間中のピークは、日本発が12月26日~28日と1月4日、日本着は12月19日~20日と1月2日~4日の2回ずつとなった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集