【CES15】スマートペダル、フランスのベンチャー企業が出展

モーターサイクル テクノロジー

米ラスベガスで開幕したコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)2015。フランスのスタートアップ企業がスマートペダルを発表した。GPS連動のペダルは経路、標高、消費カロリーなどのデータを記録する。

アプリと連動し、盗難防止にも寄与する。現場は世界中のプレスでごった返した。

ただ、CES15でも発表のあった「つながる自転車」は、新しいものではない。

クラウドファウンディングのキックスターターにも度々登場している。自動車がつながることで交通の効率化や環境保護を促進することは、すでに世界中の自動車テクノロジー企業の取り組みで明らかだ。

自動車と同じ方向性の未来が、車両である自転車にも浸透していくことになるのは明らかだ。

新たなアイデア/技術をベースにした製品は大小多岐にわたっている。車載ガジェットのみならず、人間が身につけるスマートバンド/ウォッチによる心拍計測、ハンドルバーへのGPS端末内蔵など、自転車の限られた空間に小さなチップが実装される。

つながる自転車の実用化は、日々現実のものへと近づいている。
《編集部@CycleStyle》

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集