【CES15】BMWコネクテッド・ドライブでアプリ購入が可能に

自動車 ニューモデル モーターショー

BMWコネクテッド・ドライブ・ストア
  • BMWコネクテッド・ドライブ・ストア
  • BMWコネクテッド・ドライブ・ストア
  • BMWコネクテッド・ドライブ・ストア
ドイツの高級車メーカー、BMWは2015年1月5日(日本時間1月6日未明)、米国ラスベガスで開幕する「CES(コンシューマー・エレクトロニクス・ショー)15」において、BMW「コネクテッド・ドライブ・ストア」を初公開する。

毎年1月に行われるCESには、世界中から家電、コンピューター、オーディオメーカーなどが参加。新製品や最新テクノロジーを披露する世界最大規模の見本市として知られている。

BMWの「コネクテッド・ドライブ」は、運転席からはもちろん、車を離れた場所からでも簡単にアクセスできる通信モジュールを利用した最先端サービス。多彩なサービスとアプリケーションを利用することで、必要な情報や大切な人とシームレスにつながることができる。

CES15で初公開されるBMWコネクテッド・ドライブ・ストアは、BMWコネクテッド・ドライブの進化形。インターネットの「My ConnectedDrive」サイトを通じて、各種エンターテインメントや、リアルタイムの交通情報など、欲しいアプリが車内に居ながらにして購入できる。

BMWは、「コネクテッド・ドライブ・ストアのサービスを2015年春、米国市場で開始する」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集