日本精工、EVの航続距離を伸ばす静音・低摩擦玉軸受を開発

自動車 ビジネス 企業動向
日本精工が開発した駆動モータ用静音・低摩擦玉軸受
  • 日本精工が開発した駆動モータ用静音・低摩擦玉軸受
日本精工は、電気自動車(EV)の快適性と、航続距離の向上に結びつく駆動モータ用の「静音・低摩擦玉軸受」を開発した。新製品は、2020年に売上げ5億円を目指す。

新製品は、グリースの低温時の流動性を高め、最適化した軸受諸元と組み合わせることで、低温下で発生する軸受の振動を大幅に低減し、静音化を実現した。

また、グリースには耐熱性が高い基油を使用、最適化した軸受諸元と組み合わせることで、高温下で発生するグリース劣化やグリース漏れを抑え、耐久性を確保した。

加えてグリースの増ちょう剤の種類と量を最適化、撹拌抵抗を減らした。この結果、従来よりも20~40%程度の低摩擦化を実現した。

EVは、使用地域の拡大に伴って、氷点下から高温まで幅広い温度領域で使用される。駆動モータを支持する玉軸受は、EVの課題である航続距離を伸ばすための低摩擦化に加え、過酷な環境下での異音対策、耐久性の確保が課題となっている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 日本精工、ディーゼルエンジンの燃費向上に寄与する低トルクタペットローラを開発 画像 日本精工、ディーゼルエンジンの燃費向上に寄与する低トルクタペットローラを開発
  • 【人とくるまのテクノロジー展14 名古屋】日本精工、庇シール付ハブユニット軸受の機能を紹介 画像 【人とくるまのテクノロジー展14 名古屋】日本精工、庇シール付ハブユニット軸受の機能を紹介
  • 日立、EVの航続距離を従来の2倍に伸ばせるリチウムイオン電池の技術を開発 画像 日立、EVの航続距離を従来の2倍に伸ばせるリチウムイオン電池の技術を開発
  • 日本精工、変速機を小型・軽量化できるプラネタリシャフトを開発 画像 日本精工、変速機を小型・軽量化できるプラネタリシャフトを開発

特集

おすすめのニュース