横移動可能なEVモビリティ「Q'mo」、ナンバープレートを取得…NTNが開発

エコカー EV
NTNが開発したEVモビリティ「Q'mo」
  • NTNが開発したEVモビリティ「Q'mo」
  • NTNが開発したEVモビリティ「Q'mo」
NTNは、「その場回転」や「横方向移動」が可能な電気自動車(EV)モビリティ「Q'mo」(キューモ)がナンバープレートを世界で初めて取得したと発表した。

従来の自動車にはない動きをする、新時代超小型電動コミュータで、今後は公道を走行して広く社会に公開し、インホイールモータシステムと新開発のステアリングシステムの用途展開に活用していく。

同社は2011年に、若手や女性の技術者が企画・制作したインホイールモータで駆動する小型2人乗り電動コミュータのコンセプトモデル車両「Q'mo I」を発表した。独自の4輪独立操舵システムをジョイスティックで操作し、インホイールモータ駆動方式の特長である「その場回転」や「横方向移動」ができる。

2013年には、実用性を高め、市街地走行を可能とした2人乗りコミュータ「Q'mo II」を公開した。安全性と新しい動きを両立する新たな駆動方式として、インホイールモータシステムと新開発のステアリングシステムで構成した「マルチドライビング・システム」を提案した。

今回「マルチドライビング・システム」を搭載した「Q'mo II」の車両登録作業を進めた結果、「その場回転」や「横方向移動」が可能なEVモビリティ「Q'mo」として、軽自動車のナンバープレートを取得した。

同社では今後、狭い道での方向転換や、縦列駐車が簡単にできるEVモビリティ「Q'mo」の市場を開拓すると同時に、駆動システムである「マルチドライビング・システム」を完成車メーカーや小型EV・パーソナルモビリティの開発に取り組む企業と連携していく。

ナンバープレートを取得したことから今後、全国各地で試乗会を開催し、子育て世代や高齢者の買物、福祉用途を含めた街中での近距離移動など、「Q'mo」の活用用途を開拓していく。

また、「マルチドライビング・システム」についても、EVモビリティの新しい使い方を募集、環境に優しいEVシステム商品として自動運転や自動駐車など、新しい技術との融合を図るなど、機能を向上させる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース