八王子いちょう祭りで200台のクラシックカーがパレード

  • 11月16日、東京都八王子市で八王子いちょう祭りが開催され、内外のクラシックカーのパレードと展示が行われた。主催は八王子いちょう祭り祭典委員会。
自動車 ビジネス 国内マーケット
八王子いちょう祭りで200台のクラシックカーがパレード
  • 八王子いちょう祭りで200台のクラシックカーがパレード
  • 八王子いちょう祭りで200台のクラシックカーがパレード
  • 八王子いちょう祭りで200台のクラシックカーがパレード
  • 八王子いちょう祭りで200台のクラシックカーがパレード
  • 八王子いちょう祭りで200台のクラシックカーがパレード
  • 八王子いちょう祭りで200台のクラシックカーがパレード
  • 八王子いちょう祭りで200台のクラシックカーがパレード
  • 八王子いちょう祭りで200台のクラシックカーがパレード
11月16日、東京都八王子市で八王子いちょう祭りが開催され、内外のクラシックカーのパレードと展示が行われた。主催は八王子いちょう祭り祭典委員会。

同イベントは今年で35回を迎え、日本のクラシックカーパレードの草分けともいわれる。参加したのは、基本的に1979年までに生産された車両。八王子市役所に約200台が集結した後、イチョウ並木の黄葉が見ごろを迎えた甲州街道(国道20号)を往年の名車がゆっくりと進み、沿道から多くの人が見守った。

会場で目立ったのは、10台に迫るメルセデス軍団や、旧車イベントにお馴染(なじ)みのスカイライン軍団。希少な『トヨタ2000GT』は4台が集結して、多くの人がカメラを向けていた。またメッサーシュミット『Tg-500』やサーブ『99』、メルセデスベンツ『ウニモグ』といった異色の車両も注目を浴びていた。
《嶽宮 三郎》

編集部おすすめのニュース

特集