山田線の「秘境駅」2駅、冬季の全列車通過期間を延長

鉄道 企業動向
JR東日本盛岡支社は11月14日、2012年度から冬季の全列車を通過としている山田線の大志田駅と浅岸駅(ともに盛岡市)について、今年度から通過の期間を12月1日~3月31日に変更すると発表した。

両駅は冬季の利用者数が非常に少ないため、2012年度から冬の間は全列車通過となっており、同年度は1月1日~3月15日、2013年度は12月15日~3月15日が通過期間だった。今回の変更で期間が延び、12月から3月いっぱいまで列車が停車しないことになる。

山田線はもともと列車本数が少ないこともあり、大志田駅は1日に下り1本・上り2本、浅岸駅は下り2本・上り3本しか列車が停車しないことから「秘境駅」として知られている。
《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

編集部おすすめのニュース

  • JR各社、冬の臨時列車の概要を発表…帰省や初詣に合わせ増発 画像 JR各社、冬の臨時列車の概要を発表…帰省や初詣に合わせ増発
  • 大船渡線BRTの一般道区間に新駅「高校前」…陸前高田駅も移設 画像 大船渡線BRTの一般道区間に新駅「高校前」…陸前高田駅も移設
  • 鉄道の災害運休区間、前月末と変わらず…10月末 画像 鉄道の災害運休区間、前月末と変わらず…10月末
  • 釜石駅前のJRホテル「フォルクローロ三陸釜石」来春オープン 画像 釜石駅前のJRホテル「フォルクローロ三陸釜石」来春オープン

特集