「エヴァ」「巨人」「バイオハザード」など超人気作品がUSJを盛り上げる

エンターテインメント 話題
来年開催の「ユニバーサル・クールジャパン」、「エヴァ」と「進撃」のメインアトラクションが発表
  • 来年開催の「ユニバーサル・クールジャパン」、「エヴァ」と「進撃」のメインアトラクションが発表
  • 来年開催の「ユニバーサル・クールジャパン」、「エヴァ」と「進撃」のメインアトラクションが発表

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンは、2015年1月23日から5月10日まで開催される「ユニバーサル・クールジャパン」で登場する「エヴァンゲリオン」「進撃の巨人」のメイン・アトラクションを発表しました。

「ユニバーサル・クールジャパン」は、世界的に高評価を受けている、日本が生み出したマンガ、アニメ、ゲームなどの優れたエンターテイメントの4大ブランドが一堂に集結するイベント。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンならではのエンターテイメントのアイデアと、再現力の高さによって、未だかつてどこにもないアトラクションとなってパークで実現します。

エヴァンゲリオン・ザ・リアル 4-D
シアター型アトラクション「ユニバーサル・スタジオ・シネマ4-D」は、パークでしか見られない完全オリジナルストーリーを期間限定で搭載し、「エヴァンゲリオン」史上初の4Dアトラクションが実現します。使徒襲来に遭遇したゲストは、これまでの作品では見たことのない斬新なアングルから、ハリウッド技術を駆使した3D映像で目の前に迫るエヴァと使徒の戦闘を目撃。さらに爆風や閃光、水しぶき、座席を揺るがす振動など4D特殊演出がゲストの五感を刺激し、戦闘の中心にいる究極の臨場感で、ゲストはエヴァの世界に巻き込まれます。

進撃の巨人・ザ・リアル
その独特な世界観を、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのクリエイティブチームが誇る再現技術で徹底的にリアル化。15m級の「エレン巨人」と14m級の「女型の巨人」がゲストの目の前に立ちはだかり、ゲストは調査兵団と同じ視点から、自分の約10倍近くもあり、今にも動き出すかのような迫力の二体の巨人の激闘を肉眼で目の当たりにし、想像を凌駕するほどの衝撃を体験できます。このほかにも、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの誇る映画技術を駆使した、いまだかつてないウォークスルー・アトラクションも登場予定です。

パークワイドで大規模展開
過去3回の『モンスターハンター・ザ・リアル』会場であった Stage18 に加えて、新アトラクション・エリアやシアター型アトラクション「ユニバーサル・スタジオ・シネマ 4-D」を「ユニバーサル・クールジャパ
ン」メイン会場として大規模に展開。メイン会場を中心とした「カート」や、ニューヨーク・エリアの「フィネガンズ・バー&グリル」など、パークワイドでもイベント関連ショップ&レストランが登場します。

なお、『バイオハザード』と『モンスターハンター』のアトラクション内容については、こちらをご覧ください。

来年開催の「ユニバーサル・クールジャパン」、「エヴァ」と「進撃」のメインアトラクションが発表

《栗本 浩大@INSIDE》

あわせて読みたい

レスポンス ビジネスメールマガジン(無料)に登録しませんか?

【ビジネスメールマガジン】金曜の朝7時にCASEやMaaS関連の最新トピックや注目プレイヤー、調査レポートやセミナーに関する情報をお届けします。有料の会員限定記事も月3本まで閲覧可能です。 利用規約

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめのニュース