名古屋市交通局、桜通線から公衆無線LANの本格サービスを開始

鉄道 企業動向
名古屋市交通局は11月4日、地下鉄車内における公衆無線LANサービスを本格的に開始すると発表した。

同局では今年3月から5月にかけて、地下鉄車内で公衆無線LANサービスを試行。列車の運行や機器に対する影響、通信環境の安定性などを検証してきたが、とくに問題が認められなかったことからサービスの本格実施に踏み切ることになった。

本格実施に際してはKDDIが整備通信事業者となり、11月4日から順次、桜通線の車両へアンテナ機器を設置。2015年3月までには同線の全車両にサービスを拡大する。その他の路線は2015年度中に全車両へ拡大するが、鶴舞線と上飯田線に乗り入れている名古屋鉄道(名鉄)の車両には導入しない。

利用できるサービスは、KDDIが提供する「au Wi-Fi SPOT」とワイヤ・アンド・ワイヤレスが提供する「Wi2 300」となる。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

編集部おすすめのニュース

  • 近鉄観光特急『しまかぜ』、無線LANサービスを導入…10月10日から 画像 近鉄観光特急『しまかぜ』、無線LANサービスを導入…10月10日から
  • 京王、列車内での公衆無線LANサービスを開始 画像 京王、列車内での公衆無線LANサービスを開始
  • 東海道新幹線N700A、無線LANでニュースやアニメなど提供の実証試験 画像 東海道新幹線N700A、無線LANでニュースやアニメなど提供の実証試験
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース