GM、米工場に投資…大型クロスオーバー車を生産へ

自動車 ビジネス 企業動向

GMの米国ミシガン州のランシングデルタ・タウンシップ工場
  • GMの米国ミシガン州のランシングデルタ・タウンシップ工場
米国の自動車最大手、GMは10月29日、米国ミシガン州のランシングデルタ・タウンシップ工場に、6300万ドル(約68億円)を投資すると発表した。

今回の投資は、ランシングデルタ・タウンシップ工場を拡張するために実施されるもの。GMのメアリー・バーラCEOが10月28日に発表した、ミシガン州への総額3億ドル(約327億円)の投資計画の一部となる。

ランシングデルタ・タウンシップ工場は、2006年に稼働。GMにとって、北米における最新工場となる。

6300万ドルの投資によって、ランシングデルタ・タウンシップ工場では、面積をおよそ26万3000スクエア・フィート拡大。GMの大型クロスオーバー車、シボレー『トラバース』、GMC『アカディア』、ビュイック『アンクレイブ』の生産に備える。

GMの北米生産担当、キャシー・クレッグ副社長は、「本日の発表は、主要工場の能力強化に向けた努力の最新例。最高の品質と安全性を備えた車を生産することを約束する」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集