【トヨタ エスクァイア 発表】開発責任者「新カテゴリーを創出」

自動車 ニューモデル 新型車

開発責任者の水澗英紀 製品企画本部チーフエンジニア
  • 開発責任者の水澗英紀 製品企画本部チーフエンジニア
  • トヨタ エスクァイア
  • トヨタ エスクァイア
  • トヨタ エスクァイア
  • トヨタ 新型 エスクァイア GI
  • トヨタ エスクァイア
トヨタ自動車は10月29日、コンパクトキャブワゴンの上級モデルである「エスクァイア」を発売した。トヨタ店とトヨペット店の扱いで月間4000台の販売を計画している。

1.8リットルのハイブリッド車と2リットルのガソリン車があり、税込み価格は259万2000円から320万4000円。『ヴォクシー』『ノア』の高級版で、顧客層は中高年の男性に焦点を当てていく。

都内での発表会に出席した開発責任者の水澗英紀 製品企画本部チーフエンジニアは、「新上級コンパクトキャブワゴンという新たなカテゴリーを創出した。身の丈に満足することなく、“自分自身もグレードアップしたい”と上を向く方々を意識して開発した」と語った。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集