【全日本MX 最終戦】スポット参戦のAMAライダー、クーパー・ウェブが圧勝

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

クーパー・ウェブ(ヤマハ)
  • クーパー・ウェブ(ヤマハ)
  • クーパー・ウェブ(ヤマハ)
全日本モトクロス選手権のファイナルレースとなる第9戦が10月26日、宮城県のスポーツランドSUGOで開催された。

今大会には、2014年のAMAモトクロス250クラスでランキング3位を獲得した18歳のクーパー・ウェブ(ヤマハ)がスポット参戦。予選では初めて走った日本のコースに少々戸惑い、ミスもあって11位にとどまったが、第1ヒートでAMAライダーとしての本領を発揮する。

スタートでは周囲のライダーに先行され中団に埋もれるが、わずか1周で5番手までポジションを回復すると、2周目には3位へ浮上。さらに前を行く小方誠(ホンダ)、成田亮(ホンダ)へそのまま襲いかかると、4周目にはトップに立った。成田が抜き返すなど接近戦が3周ほど続いたが、ウェブはハイペースを維持して後続を引き離し、最終的には20秒近いマージンを築き上げる圧倒的な独走で優勝を飾った。

第2ヒートでは、ヤマハが1-2フィニッシュを達成する。トップでゴールしたのはウェブで、ホールショットを奪う完璧なスタートから全日本ライダーたちを圧倒。1周目からリードを広げると、2周目には完全な独走態勢へと持ち込み、そのマージンはゴールした時点で28秒以上にもなっていた。2位には熱田孝高(スズキ)との争いを制した平田優(ヤマハ)が入った。

■IA1(ヒート1)
1位:クーパー・ウェブ(ヤマハ)
2位:成田亮(ホンダ)
3位:新井宏彰(カワサキ)
4位:平田優(ヤマハ)
5位:小方誠(ホンダ)
6位:星野優位(ホンダ)

■IA1(ヒート2)
1位:クーパー・ウェブ(ヤマハ)
2位:平田優(ヤマハ)
3位:熱田孝高(スズキ)
4位:成田亮(ホンダ)
5位:新井宏彰(カワサキ)
6位:三原拓也(カワサキ)

■ライダーズランキング
1位:成田亮(ホンダ)419P
2位:小方誠(ホンダ)331P
3位:新井宏彰(カワサキ)314P
4位:熱田孝高(スズキ)313P
5位:平田優(ヤマハ)287P
6位:三原拓也(カワサキ)240P
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集