故障で車外に出た女性、ひき逃げされ重体

自動車 社会 社会

24日午後8時20分ごろ、佐賀県鳥栖市内の九州自動車道上り線で、故障を起こして停止したクルマから降車した26歳の女性が、後ろから進行してきたクルマにはねられる事故が起きた。女性は意識不明の重体となっている。

佐賀県警・高速隊によると、現場は鳥栖市幡崎町付近で片側3車線の直線区間。「走行中、何かに当たった気がする」との通報を受けてパトロールしていた同隊の隊員が、第3車線で頭から血を流して倒れている女性を発見した。

女性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打で意識不明の重体。後の調べで、福岡県久留米市内に在住する26歳の女性と判明している。

負傷した女性が運転していた軽乗用車は中央分離帯に接触し、第3車線で立ち往生していたが、警察への通報が入る直前、日本自動車連盟(JAF)に対して「クルマが故障して動けなくなった」との連絡が寄せられていた。

警察では女性が通報を行った直後、被害状況の確認中に後続車にひき逃げされたものとみて、警察に通報してきた運転者から事情を聞くとともに、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品