元ランチアデザイナー、自動運転の普及へコンソーシアム設立「大きなジャンプ必要」…EDデザイン

自動車 ビジネス 企業動向

ランチア・ネア
  • ランチア・ネア
  • EDデザイン・MAALを発表
  • EDデザイン・MAALを発表
  • ED DesignCEO兼デザインディレクターのマイケル・ロビンソン氏
  • ランチア・ネア
  • ランチア・ネア
  • ランチア・ネア
  • ランチア・ネア
オートデスクが主催するAutomotive Innovation ForumにEDデザインCEO兼デザインディレクターのマイケル・ロビンソン氏が来日。EDデザインが考える将来の自動運転車について語った。

EDデザイン社は、自動車/輸送業界のデザインおよびエンジニアリング会社で、マイケル・ロビンソン氏はベルトーネ、フィアット、ランチアなどでデザインディレクターを務め、現在はEDデザインのCEO兼デザインディレクターである。

EDデザインはMAAL(モバイル・オートノマス・オートモービル・ラボラトリー)というコンソーシアムを始めるという。これは、自律走行車を実験・開発するためのコンソーシアムだ。

なぜこのMAALを始めようと考えたのか。ロビンソン氏は、「自動走行車、自動運転車に関しては、1998年から考え、2000年にランチア『ネア』をデザインしたが、実現には至らなかった。しかし近年、他社ではこの自動走行車、自動運転車を開発していることから、30年前から考えていた私も、実際に開発しなければならないと思った」と話す。

世の中が自動運転の方向に向かっている理由について、ロビンソン氏は大きく二つあるという。「まずひとつは、毎年120万人の人たちが交通事故で亡くなっていることだ」。そしてもうひとつは、「いわゆるデジタル技術がどんどん発達して、自動走行車、自動運転車の開発が大きく進んだことにある」と述べる。

「現代のデジタル技術を用いれば驚くべきクルマができるはずだが、実際に自動車メーカーは、本当に少しずつしか進めていない。あまりにもスローなので、ここで大きなジャンプをしなければいけない、新しい世界のものを作ろうと、MAALをスタートしようと思った」とそのきっかけを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集