17歳の少年運転で追跡のパトカーに衝突、覚せい剤も所持

自動車 社会 社会

22日午後4時20分ごろ、愛知県一宮市内の県道でパトカーの追跡を受けていた乗用車が逆走。追跡してきたパトカーを含め、3台の車両と衝突する事故が起きた。警察はクルマを運転していた17歳の少年を逮捕している。

愛知県警・一宮署によると、同署員が一宮市内をパトロールしていたところ、駐車場から急発進した不審な乗用車を発見。停止を命じたが、クルマは逃走した。

パトカーはただちに追跡を開始。クルマは約2kmに渡って逃走したが、一宮市起堤町付近の濃尾大橋を逆走。追跡してきたパトカーを含め、車両3台と衝突した。警察はクルマを運転していた17歳の少年を公務執行妨害の現行犯で逮捕。同乗していた別の17歳少年は覚せい剤を所持していたことから、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で逮捕している。

逮捕時に2人の少年が乗っていたのはレンタカーだった。警察では車両を入手した経緯を含め、逮捕した少年2人を厳しく追及する方針だ。
《石田真一》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品