【パリモーターショー14】サンヨン XIV-アドベンチャー…市販版は2015年に登場[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー

サンヨン XIV-Adventure(パリモーターショー14)
  • サンヨン XIV-Adventure(パリモーターショー14)
  • サンヨン XIV-Adventure(パリモーターショー14)
  • サンヨン XIV-Adventure(パリモーターショー14)
  • サンヨン XIV-Adventure(パリモーターショー14)
  • サンヨン XIV-Adventure(パリモーターショー14)
  • サンヨン XIV-Adventure(パリモーターショー14)
  • サンヨン XIV-Adventure(パリモーターショー14)
  • サンヨン XIV-Adventure(パリモーターショー14)
韓国のサンヨン(双竜)自動車は、フランスで開幕したパリモーターショー14において、コンセプトカーの『XIV-アドベンチャー』を初公開した。

XIV-アドベンチャーは、全長が4195mmでホイールベースが2600mm。『XIV-エア』はオープンボディのSUVだが、このXIV-アドベンチャーは、一般的なクローズドボディ。ルーフキャリアやバンパーガードなどが装備され、モデルのテーマである「冒険」が表現された。室内はドライバー重視の空間。7個のエアバッグやESPなど、安全装備も充実している。

なお、サンヨンは、このXIV-アドベンチャーの市販版を、2015年に『X100』の名前で投入する予定。同社は、「アクティブなライフスタイルの都市在住者にとって、理想的な車」と説明している。
《ショーカーライブラリー》

編集部おすすめのニュース

特集