【モータースポーツジャパン14】レーシングカーの迫力ある走りを目の前で見て感じる[写真蔵]

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

モータースポーツジャパン14
  • モータースポーツジャパン14
  • モータースポーツジャパン14
  • モータースポーツジャパン14
  • モータースポーツジャパン14
  • モータースポーツジャパン14
  • モータースポーツジャパン14
  • モータースポーツジャパン14
  • モータースポーツジャパン14
10月25日、26日東京お台場の特設会場で開催される「モータースポーツジャパンフェスティバル・イン・お台場14」。特設コースでスーパーGTやスーパーフォーミュラのマシンが迫力の走行を見せた。

モータースポーツジャパンでは自動車メーカーやパーツメーカーのブースが多数並び、多くのレーシングカーが展示されている。それら展示車両を見る事や、ブースで行われるドライバーのトークショーなどを楽しむのも良いが、このイベントの最大の楽しみは、まるで手が届きそうというくらい近い距離でレーシングカーが疾走するのを、全身で感じることだろう。

特設コースでは体験同乗走行を含め多くの車両がデモ走行を行う。なかでも、お昼に行われるセレモニーとグリッドウォークでは、実際のレースを模したスタート進行が行われ、レーシングカーがコースに整列、国歌斉唱を行ったあとにグリッドガールによるスタート5分前などのボードも掲示され、スタート1分前には整列した全車が一斉にエンジンスタートをする。スーパーGTやスーパーフォーミュラの迫力あるエンジン音や、レーシングカミオンの重厚なエンジン音など、様々なカテゴリーの車両が並ぶと言う、このイベントならではの演出は一見の価値はある。

スーパーGTやスーパーフォーミュラのデモ走行は、迫力ある走りで観客を魅了する。

メーカーごとに特設コースを走る時間が発表されているので、スケジュールはモータースポーツジャパンの公式ページをチェックするのと同時に、各ブースにおいてもトークショーなどのスケジュールが掲示されている。上手に時間調整をしてイベントを楽しみたい。

本日10月26日は、9時00分から17時00分までの開催。入場は無料だ。
《雪岡直樹》

編集部おすすめのニュース

特集