クアラルンプール~シンガポール高速鉄道、中国がタイに延伸を打診

鉄道 企業動向

マレーシアのクアラルンプール(KL)とシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)計画について、中国政府がHSRの延伸計画をタイ政府に打診していたことが明らかになった。

ラクヤット・ポストが中国中央電視台(CCTV)の報道として伝えたところによると、中国政府は2013年、HSRを中国南部まで延伸する計画をタイ政府に打診した。実現すれば、中国とシンガポールが12時間で結ばれる。中国政府は自国の高速鉄道とHSRをつなげるための資金提供を申し入れたとみられるが、5月に発生したタイ軍事クーデターの影響で協議は中断しているという。

マレーシア政府はHSRに導入するシステムを検討している段階。タイや中国への延伸を実現させるためには、仕様を統一する必要がある。
千田真理子

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品