ジャガー・ランドローバー、英国に新工場を開業へ…新世代エンジンを生産

自動車 ビジネス 企業動向

ジャガー・ランドローバーの新世代エンジン、「インジニウム」
  • ジャガー・ランドローバーの新世代エンジン、「インジニウム」
  • ジャガー XE(パリモーターショー14)
英国の高級車メーカー、ジャガー・ランドローバーは、新たなエンジン工場を10月30日、英国に開業すると発表した。

この新エンジン工場は、ジャガー・ランドローバーが5億ポンド(約860億円)を投資して、建設を進めていたもの。

新工場で生産するのは、ジャガー・ランドローバーの新世代エンジン、「インジニウム」。このエンジンは、英国で開発され、英国で生産される。

パリモーターショー14で発表されたジャガー『XE』に搭載される2.0リットル直列4気筒エンジンが、最初のインジニウム ユニット。ランドローバー車にも近い将来、インジニウムが搭載される予定。

ジャガー・ランドローバーは、「新工場は、インジニウムのマザー工場。インジニウムは新世代ジャガー・ランドローバーの商品、デザイン、エンジニアリングなどに、パワーをもたらすだろう」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集